2017年05月07日

NHKマイルC(GI)

〇東京11R NHKマイルC(GI)
(3歳 オープン 定量 芝1600m)
まあ、混戦。難解。とんでもない馬が飛んできそうで、3連馬券などは当たる気がしない。

そんな中、本命◎はOアエロリット。外枠は折り合い面などで不安あるが、レベル高いと言われるこの世代の牝馬でフェアリーS(G3)とクイーンC(G3)で2着、桜花賞(GI)でも5着とその中でも上位争い。クイーンCでは後の桜花賞馬レーヌミノルに先着している。東京コースにも良績あり、芝千六の持ちタイムも1位。調教も動いている。

対抗〇はDプラチナヴォイス。スプリングS(G2)3着で皐月賞(GI)が10着。同馬は未勝利戦が傑出しており、該当京都開催の芝千八の1番時計(1分45秒9)。右回りは内に刺さって前走右側だけのブリンカーを着用するなどしていたが、今回は左回りに変わって一変の可能性も。ただ、乗り替わりがどうか。

単穴▲は@モンドキャンノ。函館2歳S(G3・1200m)で2着、京王杯2歳S(G2・1400m)で勝利、朝日杯FS(GI・1600m)で2着、スプリングS(G2・1800m)で10着と実績十分も距離に限界を感じてマイルに転じた感あり、東京マイルへの対応カギだが、最内枠を引き、内に潜り込んで捌くことが巧いルメールJ魅力。

他は皐月賞(GI)12着もスプリングS(G2)2着のBアウトライアーズ、桜花賞(GI)最先着(4着)馬Cカラクレナイ、NZLT(G2)3着のEボンセルヴィーソは不利ある中山マイルの大外枠を克服しての3着に価値。アーリントンC(G3)で皐月賞2着ペルシアンナイトの2着で調教動いたNレッドアンシェルを。

基本波乱になりそうなので、挙げればきりがないが、ここまでで我慢。

フランケル産駒でここもそこそこ人気のKミスエルテは馬体細化不安で軽視。
当初は本命にしようと思っていたBアウトライアーズは良く引用させていただいている某所に脚部不安で坂路調整しかできないとの情報あってヒモに格下げ。

◎アエロリット(16)
〇プラチナヴォイス(5)
▲モンドキャンノ(1)
△アウトライアーズ(3)
△カラクレナイ(4)
△ボンセルヴィーソ(6)
△レッドアンシェル(15)

馬券は馬連で16−1・3・4・5・6・15の6点流しで。









posted by nishichanx at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする