2012年11月22日

V・ファーレン長崎監督解任の動揺

V長崎の佐野監督が退任へ(長崎新聞)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/v-varen/2012/11/21021719.shtml

<以下引用>
 今季の日本フットボールリーグ(JFL)で初優勝し、J2昇格を決めたV・ファーレン長崎は20日、チームを3年間率いた佐野達(とおる)監督と来季の契約を結ばない、と発表した。

 佐野監督は静岡県出身の49歳。日産自動車(現J1横浜F・マリノス)でDFとしてプレーし、日本代表経験もある。2009年にJ2ザスパ草津を指揮した後、10年にV長崎の監督に就任。11年から2年契約を結び、今季はチームを初優勝、J2昇格に導いた。

 佐野監督は取材に対して「19日の夜に言われ、びっくりした。昇格させるだけではなく、Jリーグでも戦えるチームづくりを任されたと思っていたのだが...。Jの舞台でこのチームでやりたかった。残念でならない」と話した。


やはり、19日夜に突然の契約更新なし通告。佐野監督にしてみれば、J2昇格の功労者として歓喜の中心にいただけに、一気に暗転した気分だろう。
選手会もサポーターも当然納得するはずもなく、かなり揉めたようだ。





功労者にJ2託さず 動揺(長崎新聞)
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/v-varen/2012/11/21021427.shtml

<以下引用>
 V・ファーレン長崎が、佐野達監督と来季の契約を結ばないことが明らかになった20日、選手、サポーターらの間には動揺が広がった。J2昇格のお祝いムードは一変。選手会はクラブ側に説明を求めるなど、不満の声が相次いだ。

 選手会は「Jで戦えるチームづくりをしてきたはずなのに、そのトップを代えるのはおかしい」として、諫早市のクラブ事務所で説明会開催を要望。宮田伴之社長らが約6時間にわたって説明したが、話し合いは平行線のまま終わり、クラブは退任を正式に発表した。

 説明会後、MF有光亮太選手は「現場の声をもっと聞いてほしかった。培っていたことを何のためにリセットするのか分からない」と困惑の表情。県サッカー協会の小嶺忠敏会長は「彼はチームにも、フロントにもプロ魂を植えつけてくれた。その功績に敬意を表したい。それ以外は何も聞いていないのでコメントできない」と話した。

 宮田社長は「次の3年間でJ1に上がるために、リスクもあるが決めた。Jリーグでの監督経験が1年しかないこともポイントの一つ」と退任理由を説明。後任の監督について、Jリーグでの監督経験がある本県出身者1人に絞り、交渉は大詰めを迎えていることも明らかにした。


どうやら、クラブ側は、以前から後任監督の人事に着手していて、既に1人に絞って交渉も大詰めになっている。
勝負の世界だから仕方ないが、クラブ側は驚くほどしたたかだ。
しかし、もうちょっとスムーズにやってくれないと、後任監督もやりにくいだろう。
長崎県出身で、Jリーグの監督経験のある人って、サッカー好きならわかるんじゃないの?
誰か教えて。

それにしてもJ2昇格のお祝いムードの中での監督解任。これは選手も大胆に補強があり、現在在籍している選手、それが中心選手であっても来年の契約は安泰ではないだろう。
来年の態勢が固まるまで、もうひと波乱もふた波乱もありそうだ。






おまけと言うか何と言うか、記事中のおそらく2chから引用したと思われる部分のAA(アスキーアート?)が秀逸で、思わず笑ってしまう。

【友愛】ぽっぽ鳩山 衆議院選出馬より怒りの撤退(Birth of Blues)


【友愛】「鳩山引退は追い風」と喜ぶ民主党閣僚鬼畜発言報道にネットはドン引き(Birth of Blues)


【友愛】ぽっぽ鳩山電撃引退に北海道民が驚きの声
政界のダイソンを自称する「日本維新の会」小林興起も吸引?(Birth of Blues)



【友愛】「政治家として幸せな人生だった。感謝している」ぽっぽ鳩山が辞世の句(Birth of Blues)





AKB48 2013年カレンダー 卓上 鈴木 紫帆里 AKB48-140
AKB48 2013年カレンダー 卓上 鈴木 紫帆里 AKB48-140




卓上 AKB48-142近野 莉菜 カレンダー 2013年
卓上 AKB48-142近野 莉菜 カレンダー 2013年




 




posted by nishichanx at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Vファーレンのしたはたかさは、菊次さんによるものでしょう。社長は決断力がない、自分は決断が早いと私に言われましたから…
まあ、やると言っておいた事をやらず、尻切れトンボで、男に(スポーツマンに)二言ありで、無責任である事はまちがいないです。身内の不祥事は揉み消しますからね。お金と時間をかけて、キチンとしてもらおうと準備してきましたが、馬鹿馬鹿しくなってやめました。

完全にアンチVファーレンになりました。もっと露出するようになったら、出版社にでも吐露してみようかな。
Posted by ユース母 at 2013年02月02日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303214290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック