2007年07月01日

ラジオNIKKEI賞・函館SS等7月1日(日)の予想

最初に、昨日はSeesaaのトラブル(復旧も時間かかってるなあ)で更新できなかったにも関わらず、普通とそんなに変わらないアクセス数。どうやら検索からではなく、ブックマーク等で来訪いただいている模様。感謝いたします。

では、張り切って参りましょう。

○福島11R ラジオNIKKEI賞(G3)
(3歳オープン ハンデ 芝1800m)
残念ダービーの位置付けで、ここを勝って秋に飛躍するぞ〜!という感じだったのだが、ハンデ戦に変更になってただの荒れるレースになってしまわないか?
本命はCクランエンブレム。古馬混合の1000万下戦を勝ってきた。秋の時点で1000万下を勝てれば有力と言われるが今の時点で勝っているのだからここは有力だろう。しかも福島千八だ。相手はハンデ戦だけに、重賞ウイナーであるが、激戦続きのEイクスキューズはもうお釣りが無いと判断して軽視し、京都新聞杯5着以来のKフェザーケープ、3歳限定戦だが1000万下勝ちのBハイソサエティーを中心に。
◎クランエンブレム(4)
○フェザーケープ(12)
▲ハイソサエティー(3)
△エミーズスマイル(5)
△ガルヴァニック(9)
△ロックドゥカンプ(13)
馬券は馬連で4−3・5・9・12・13の5点流しで。

○阪神11R 米子S
(3歳上オープン ハンデ 芝外1600m)
阪神芝マイルは先行有利って評判だが、ここは逃げ先行馬が揃った。で、その直後から行って末切れそうな馬からという事で本命はGホッコーソレソレー。テン乗り、秋から使われてきての疲れ蓄積など、キニナル点はあるが、もうひと踏ん張りしてもらいましょう。相手は重賞初挑戦のエプソムCで0秒1差と頑張ったHトウショウカレッジ、同じレースで同タイムのDファイングレインを中心に。
◎ホッコーソレソレー(8)
○トウショウカレッジ(9)
▲ファイングレイン(5)
△マイケルバローズ(3)
△タイキラファエロ(4)
△ミスティックエイジ(12)
馬券は馬連で8−3・4・5・9・12の5点で。

○函館11R 函館スプリントS(G3)
洋芝一色の函館芝コースは、1にも2にもコース適正が重要。去年3連勝を狙ったシーイズトウショウを差し切ったHビーナスラインが今年も54sで出走出来るとあっては近走を考えても本命にせざるを得ない。相手は函館初も好調なAアグネスラズベリ、道悪のCBC賞を出遅れながら差し切ったOブラックバースピンを中心に。
◎ビーナスライン(9)
○アグネスラズベリ(2)
▲ブラックバースピン(16)
△タマモホットプレイ(1)
△アンバージャック(3)
△アドマイヤホクト(11)
馬券は馬連で9−1・2・3・11・16の5点で。

明日は福島5Rの2歳新馬戦で、我がPOG指名馬ダノンマスターズ(牡 藤澤和 父シンボリクリスエス 母父サンデーサイレンス)がデビュー。ラインクラフトの弟でセレクトセールで2億1千万の値がついた高馬だ。値段に見合うだけの素質はあるようだが、厩舎的に緒戦はどうかとも思うが、明日のデビュー戦の走りに注目だ。鞍上がちょっとなあ・・・・。
posted by nishichanx at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック